読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島の温泉、食べもの

地元の福島、および近隣の県で食べたものや湯めぐりについて書いています

富士屋旅館 飯坂・穴原温泉

穴原温泉の富士屋旅館で日帰り入浴してきました。

福島市の富士屋旅館

駐車スペースは入口の前にあるんですが、坂になっていており、角度が急で駐車しづらいです。後で聞いたら「いずみや」の第三駐車場に停めてもいいそうです。

富士屋旅館の看板
富士屋旅館の中

建物のレトロな雰囲気がすばらしいと思います。昭和二年建築だそうで、なにやらタイムスリップしてきたような気分になります。ロッカーがないので貴重品は受付で預かってもらいます。日帰り入浴料は500円です。

富士屋旅館の暖簾

脱衣場と浴室の間が扉ではなく暖簾で仕切られております。浴室もなんの飾りっけもないタイルで少々黒ずんでおりますが、経年によるもので清掃は行き届いている感じです。

浴室にはシャワーがないので頭や体を洗ったら、湯船のお湯でザバーッとやるタイプです。シャンプーやボディーソープは置いてあります。鏡は壁にかかっているわけではなく、100均で買ったようなのが置いてあり、なんかほほえましい気分になりました。

男風呂は浴槽がふたつあって、1つの大きさは家庭のお風呂の倍ぐらいですかね。

富士屋旅館の浴槽

オレが行った日は、向かって右側の浴槽がちょうどいいぐらいの温度で、左側はかなり熱かったです。熱で刺激を感じるぐらいでした。

窓ガラスからは摺上川が見えます。あまり景色はよくありませんが。

女湯との仕切り壁の上部に穴があいているので、お風呂から上がるタイミングを声かけしたりできると思います。

お湯は源泉かけ流しで、このあたりの4軒ある旅館の元湯だそうです。ほんのりとたまごの香りがする、かなりいいお湯でした。

来訪したのが土曜日の11時ぐらいだったのですが、入っているのはオレだけでした。浴室を1人で独占できるのはオンセニスト至福の瞬間…と思っていましたが、あとから聞いたところ、誰か先に入っている場合は、部屋のお風呂を案内してくれるそうです。

お客ひと組に対し、お風呂一つ用意してくれるなんて素晴らしいですね。

女将さんがいつも午後ぐらいからお客が来ると言っていました。穴場だと思います。

レトロな雰囲気を楽しみたい、とにかくいい湯につかりたい、といった人にはオススメです。男湯のほうにはドライヤーがないのでそれだけは不満でしたが、自分は近いうちにまた来たいと思いました。

追記

↑の記事を書いた一週間後の3月13日(土)の19時ぐらいに再訪しました。とてもよかったので、遠くから来ていた親戚を連れて来てあげました。客は自分たちしかおらず、独占状態。

この日は左側のお湯はそこまで熱くなく、長時間入ることができました。建物とお風呂は親戚も大絶賛で、また来たいと言ってました。


追記その2

5月半ばぐらいに再訪したら、扉と窓がリニューアルしていてとてもキレイになっていました。