福島の温泉、食べもの

地元の福島、および近隣の県で食べたものや湯めぐりについて書いています

若武者 二本松市

今日は二本松駅の近くにある有名店若武者で食べてきました。11時の開店直後に行ったのですが、待ち時間はなかったもののほかのお客と相席になりました。人気っぷりがうかがえますね。

頼んだメニューはこちら。

f:id:nakane2ti:20170206211457j:plain

塩鶏中華そばの味玉入り(850円)です。スープが輝いてますね。


こちらのお店にくるのは2度目なのですが、前回も同じものを頼みました。おいしそうなメニューはほかにもあるのですが、味が忘れられなくて冒険しませんでした。
あっさりとしているのですが、深みのあるじつにいいお味。お肉も豚チャーシューと鶏チャーシュー、鳥肉だんごの3種類入っております。それでこの値段は安いと思います。太っ腹かよ!

替え玉を150円で頼みました。店長が「味はついていますが、どうしても薄くなっちゃうので、味を濃くしたい時は言ってくださいね」と言ってくれました。や、やさしー。

会計が二人で1730円だったのですが、2030円出したら「細かい端数ありがとうございます」と一言。この味でこの接客。繁盛しないわけないですね。

そうそう、こんなのももらいました。

f:id:nakane2ti:20170206213330j:plain

期間限定で先着15名にプレゼントだそうです。全国のコンビニで販売されるみたいですね。スゲーな。

f:id:nakane2ti:20170206213641j:plain

オリジナルキャラステッカーもついてきました。また近いうち食べにいきたいです。

田園 宮城県山元町

こんにちわ、そしてこんばんわ。今日は宮城県亘理郡山元町の「田園 山元店」にはらこ飯を食べに行きました。

田園

開店は10時30分のようです。
駐車場は広めで、宮城ナンバーはもちろん福島ナンバーの車もけっこう停まっていました。
11時15分に着いたのですが、もうすでに並んでいます。


受付で名前を描いて、30分ほどで席に案内されました。店内は広くて綺麗です。

はらこ飯

はらこ飯は9月上旬から12月中旬までの季節限定メニューのようです。
並んでいるときに、ほかのお客さんの会話に小耳を立てていたら、こいつ目当ての人がけっこういました。

食べてみるとこれがじつにうまいです。
海鮮丼とはだいぶ毛色が違いますね。鮭は刺身ではありませんし、ご飯は炊き込みご飯です。鮭の煮汁で炊き込んだご飯は味がしっかりしています。鮭もひとつひとつが大きい割に骨ひとつなかったです。小鉢の白子もさっぱりしてておいしかったです。

値段は1620円で量はけっこう多め。物足りない感はなかったです。
これは毎年食べたい郷土料理だな、と思いました。

山形市 あいこう亭

山形市にある蕎麦屋あいこう亭で食べてきました

店の目の前に駐車場がありますが、すぐ近くにある第二駐車場の方が広くてオススメで
す。

あいこう亭



店内にはサービスの揚げそばもあります。スナック感覚でおいしいです。

揚げそば



たのんだメニューはこちら

冷たい鳥そばとげそ天

冷たい鳥そば(850円)の大盛り(+100円)とげそ天(200円)です。やはり山形に来た時は名物を食べたいので、鳥そばとげそ天が安定です。麺は太麺と細麺を選べるので、細麺にしました。
弾力があってとてもおいしい麺だとおもいました。十割そばのようです。
鳥チャーシューもとてもおいしかったです。
いっしょに来た家族はもりそばをたのんだのですが、こちらの値段はなんと550円でした!すごく安いですね。
安くておいしいので、また来たいと思いました。今度来るときは太麺をたのんでみようと思います。

かわにし食堂 米沢市

米沢ラーメンが食べたくなったので、米沢市郊外にある「かわにし食堂」で食べてきました

かわにし食堂

周りに何もないような閑静な場所にあります。駐車場はけっこう広めですね。

頼んだのはこちら

かわにし食堂の中華そば

中華そば(600円)の大盛り(+150円)です。けっこう大きいですね。
頼んでからそんなに待たずにきました。
スープが輝いていますね。食べる前からおいしいのがわかります。

一口食べてみた印象はあっさり系かと思ったのですが、食べ進めていくと、意外と味が濃いと思いました。けっこうしょっぱいです。しかし、ただ濃いだけではなく味に深みがありました。
麺は縮れの細麺で昔ながらの感じ。スープほどの個性はないけれどオーソドックスでいいと思います。

土曜日に行ったのですが、開店直前の10時55分ぐらいに行ったので、並ばず普通に座れました。

賜の湯 米沢市

山形県の米沢市にある賜の湯で砂風呂と温泉に入って来ました。

砂風呂賜の湯


料金は砂風呂が利用時間30分で1200円。温泉は300円の合計1500円で、券売機で利用券を購入します。土曜日の午前9時半ぐらいに行ったのですが、砂風呂の利用は自分たちだけでした。温泉のほうは5人ぐらいですかね。
流れとしては最初に砂風呂に入り、その後温泉につかるといった具合になります。

砂風呂に入る前に水分補給を促されました。カウンターで渡された浴衣を脱衣所で着て、温泉奥にある砂風呂まで移動します。

砂風呂の建物はコンクリ打ちっぱなしの無機質な感じで、ゆったり目のBGMが流れています
砂で仰向けになり、店員さんに砂をかけてもらいます。この砂けっこう重いです。温度は50度ぐらいあるようです。
最初の10分ぐらいは汗もそんなに出ず、こんなもんか?って感じでしたが、15分ぐらい経つと汗がじわじわ出てきて、20分すぎたあたりからはだらだらと流れてきました。ちなみに経過15分で店員さんが冷たいタオルを顔にかけてくれるのですが、これがかなり気持ちいいです。
熱い場合は体を動かすとよいと説明されていたので、ちょいちょい動かしました。30分で終了すると、店員さんが水を飲ませてくれます。この水がめちゃくちゃおいしく感じます。とりあえず2杯飲みました。

砂風呂のあとは、シャワーを浴びてから温泉につかります。この温泉、なんと300円という安値ながらかけ流し、サウナつき、露天ありとかなり施設が充実しております。
これだけそろってたら、わたしの地元だったら利用料金1000円前後の価格帯になってしまうと思います。値段的に地元の人もよく来るそうです。お湯の温度は温めで、砂風呂で十分あったまった体にはちょうどいい温度に感じました。内風呂と露天に軽くつかって、サウナもほんのすこしだけ入って、すぐに出ました。
風呂上りに気づいたのですが、肩と腰が軽くなっていました。砂風呂の効果はすごいですね。
地元からもそこまで遠くはないので、今年中に再訪するかもしれません。